MENU

海やプールで泳いだ後は髪の毛のケアを欠かさないように!

段々と暑くなってきていますが、プールや海で思い切って涼を取りたいと思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、もしも、薄毛に悩んでいると言う方は、海やプールで泳ぐと髪の毛に悪い影響を与えてしまうことがあるので、注意をする必要があります。

 

海やプールが髪に悪いと思い当たること

例えば、海やプールに言った後、シャワーなどをしっかりと浴びていたとしても、髪の毛がごわごわとしてしまったり、髪が絡みついたりして、何だかいつのも髪の毛の質とは全然違うと感じることはありませんか?

 

海やプールは髪の毛からも簡単に分かるくらいに、良い影響を与えているとは言い難く、さらに言えば、髪の毛だけではなく、頭皮などにも悪影響を与えているのです。

 

得に薄毛の方は、プールはまだしも、海に行ったときにはキャップなども被るようなことはありませんから、髪の毛が抜け落ちたり、薄毛が目立ってしまうこともあるので、海に行くこと自体が嫌になってしまいますよね。

 

ただ、人付き合いや家族サービスなどで、海に行くのはどうしても避けられないということもありますよね。

 

海やプールの水が髪の毛や頭皮に当たる影響とは

夏場ではどうしても行きたい海やプール、薄毛を隠したくとも行かなくてはいけないようなこともありますが、その海やプールの水が一体どのような影響を与えるのかご説明いたします。

 

まず、海やプールの水に含まれる塩分や塩素は、菌を死滅させてしまいます。その死滅させる菌は、私たちの肌に常駐しており、私たちと共に生活をしている皮膚常在菌と言われるものです。

 

この菌は例えば大腸菌のように、私たちの生活の中で、役に立ってくれている物です。皮膚などに着いた他の菌などから私たちの体を守ってくれる非常に優秀な菌だと言えるので、これが死滅してしまうと言うことは、皮膚にとっては大ダメージです。髪の毛に関わることで言えば、それが頭皮のダメージに繋がってしまうと言うことです。

 

また、特にプールの塩素は髪の毛に多大なダメージを与えてしまうものです。もちろん、肌に対してもダメージがあり、肌荒れなどを引き起こすのですが、髪の毛の場合ですと枝毛や切れ毛、脱色、最悪の場合は脱毛症を引き起こしてしまう場合もあるのです。

 

髪の毛のダメージを抑えるためにはしっかりと洗うこと

プールに含まれる塩素や、海に含まれる塩分は、水によって洗い流すことができます。ですので、しっかりとプールや海で遊んだあとは髪の毛を洗うことを忘れてはなりません。

 

また、屋外の海やプールに行く際には、直射日光に対策をすると薄毛や抜け毛対策にもなります。プールで本格的に泳ぐようなこともあると思いますが、そのようなときには頭が蒸れてしまうと抜け毛を起こしてしまいますので、メッシュキャップを使うことをおすすめします。

 

また、皮膚、頭皮の影響が気になるのであれば、プールで泳いだ後はシャンプーを使うことをおすすめします。そうすることで髪の毛だけではなく、しっかりと頭皮ケアも行いながら塩素も落とすことが可能です。

 

最近ではいくつかのプールで、シャンプーを持ち込むことも可能ですので、もしもプールに行くのならばそちらの施設を利用するといいと思います。

 

また、自宅に戻ってからクリームなどを使ってケアをすることも大切です。長時間水に浸かることで乾燥を引き起こすことにもなりますので、頭皮だけではなく、全身の肌に影響を及ぼすのでしっかりとケアをしておきましょう。また、意外と感想を引き起こすのがドライヤーで髪を乾かすことですので、ある程度乾かす程度に留めておくようにしましょう。

 

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら