MENU

中学生や高校生の薄毛に育毛剤を使う必要性

薄毛に悩む若年者世代は多いのですが、だいたいその年齢構成は20代後半から30代前半、もしくは20代前半ですでに頭髪が薄くなっているという人も見かけます。

 

その年齢以下の若者にかぎっては、髪の毛の太さによる「薄く見える」という人がいる程度だという認識を持っている人がほとんどだと思います。しかし実は中学生から高校生の間の年齢でも、頭髪の薄さに悩まされている人がいるのです。一番オシャレを楽しみたい学生時代なのに若ハゲや髪の毛に悩むというのは、あまりにも悲しい現実です。

 

薄毛に悩む学生の場合、頭髪に関する知識も不足しています。また、自分だけが勝手に「薄い」と思い込むことでストレスになり、そのストレスからさらに薄くなってしまうといったこともあります。よって、漠然とした思い込みによる抜け毛などを防ぐために正しい頭髪の知識を覚えておくことです。そうすれば無理に悩むこともなくなります。

 

薄毛への「気づき」は年齢が若ければ若いほど重要

大人、特に中高年になってから「さあ、そろそろ髪も気になってきたし、ヘアケアするか」と思っても、すでに遅いという場合が多いです。髪の毛も年齢とともに衰えていきますし、髪の毛を支える頭皮も加齢によって衰えます。ですから若いときに自分は薄毛だということに気づければ、それはとても重要なことなのです。若いうちからケアをすれば中高年になってから悩む必要もなくなります。

 

まだ若いからといって髪の毛にダメージを与えるようなことをしている人は、若いうちにハゲなくとも、大人になってから一気に来る可能性があります。

 

気のせいではない薄毛のケース

ただし、髪の毛が薄いというのが自分の思い込みではなかったというケースもあります。中学生で本当に髪が薄く、もし地肌が気になるような薄さの場合、学校生活がとても憂鬱なものに変わってしまうでしょう。友人やクラスメイトから薄毛に対することを責められたり、もしかするとイジメの原因にもなり得る要因ですので、そうしたとき、ストレスがますます心身にかかり、さらにそのせいで薄毛になってしまうといったことも挙げられます。

 

髪の毛が多く見える人と薄く見える人の差は髪の毛の太さに原因があります。もし中学生や高校生で髪の毛が薄いと感じているならば、それは平均的な髪の毛の太さよりも細いからということもあるのかもしれません。人間の毛髪の太さは0.08ミリから0.1ミリ程度だと言われています。

 

毛髪の太さを確認する手段としては、自分で髪の毛を触ってみてください。そのときに柔らかいと感じたり、あまりボリュームがないなと感じたら、その髪の毛は全体的に細いかもしれません。また、毛髪量も大事な点です。人間の髪の毛というのは毛穴から1本ずつ生えているわけではありません。ひとつの毛穴から平均して3本から5本程度生えているものなのです。

 

 

若くして全体の毛量が薄い場合は1本の毛の太さがもともと細いというケースが多いです。毛の太さの平均は0.08ミリ〜0.1ミリ位と言われているので それ以下だと毛が細いという部類にはいるわけです。自分の髪をさわった時に感覚的にコシがなかったり、やわらかい毛質だと平均よりも毛が細いかもしれません。

 

こういった知識をあらかじめ頭に入れているのといないのとでは、実際のストレスに大きな違いが出てきます。例え薄いなと感じても、知識があればそれほど怖がることもありませんし、適切な対処法も学ぶことで現在の薄毛対策にも、将来の毛髪対策にもなります。

 

学生時代の育毛剤の使用について

中高生は成長期です。大人とは違い、新陳代謝が活発なので髪の毛もそれに合わせて生えたり抜けたりしていきます。そのため、この活発な時期に育毛剤を使っておけば将来的な予防にもなります。

 

学生時代に薄毛を気にするような状態ならすでに育毛剤や育毛シャンプーの使用を検討し始めてもよい段階なのです。育毛剤は金額的に難しいということもありますので、育毛シャンプーなら安価で買えますから、学生のうちは無理をして育毛剤を買うよりもシャンプーや育毛トニックなどで髪の毛をいたわることをおすすめします。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら