MENU

近いうちに若ハゲに悩むかもしれない、6つの兆候とは

ハゲや薄毛に悩むのは、中年以上の男性だけではありません。今や20代、30代で若ハゲに悩んでいる方は決して少なくはありません。

 

実は、この若ハゲになる方にはこれから紹介する6つの兆候のうちのどれかが起こってから、若ハゲが急激に進行してしまうという共通点があるのです。

 

まだまだ自分はハゲになるような年齢じゃないと安心しきっている方も、これらの兆候が起こればあっという間に若ハゲに悩んでしまう恐れがあるので、兆候のいずれかが見られた場合はすぐにでも対策をすることをおすすめします。

 

頭皮の色が変化

まず、第1の兆候は、頭皮の色が微妙に変化することです。その時の頭皮の色は、黄褐色、茶褐色、赤褐色の順々に変化をしていきます。毛穴や頭皮がフケなどに覆われて酸欠状態になっていたり、頭皮が不健康になっていたり、頭皮が炎症を起こしていることが原因だと言えるでしょう。

かゆみが酷い

第2の兆候が、かゆみが酷くなり、大きなフケがたくさん落ちるようになることです。フケが剥がれ落ちるような感覚の場合だと、特に若ハゲの兆候ですので、注意しましょう。

 

抜け毛の中に産毛

第3の兆候は、抜け毛の中に産毛が混ざるようになっていることです。その状態になる頃には、第2の兆候に合ったかゆみやフケがほとんどなくなっています。産毛が無くなると言うことは脱毛症状が進行している証です。

 

抜け毛が多くなる

第4の兆候は、非常に分かり易い抜け毛が多くなることです。抜け毛は正常な場合でも、1日50本ほど抜けますし、抜けてしまった毛を全て数える訳にもいきませんから、本数的には分かり辛いかと思いますが、これは明らかに抜け毛が多くなった、と感じるレベルの抜け毛ですので、比較的簡単に気が付くかと思います。

 

剛毛だった髪の毛が細くなる

第5の兆候が、剛毛だった髪の毛が細くなってしまうことです。髪の毛の数が減ってしまうのは年齢と共に起こることで仕方のない事ですが、髪の毛が細くなることも実は年齢と共に引き起こされるもののはずなのです。

 

しかし、髪の毛の性質は髪の成長期の短縮や毛包の短縮などを何らかの原因で引き起こしてしまい、髪の毛が細くなることで本数はそこまで変っていないのに、薄毛が進行してしまうのです。

 

頭皮が硬くなる

そして、最後の兆候が頭皮が硬くなってしまっていることです。すぐにでも確認することができるので、両手の指で頭皮を押してみて下さい。もしも、頭皮が全然動かなければ、頭皮がかなり固くなっており、頭の血行が悪くなってしまっていることを表しています。髪の毛を抜けないようにするためにも頭皮の血行は重要な事なので、しっかりとチェックしておきましょう。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら