MENU

多少の抜け毛であれば気にする必要はない

「前と比べて髪の毛が薄くなった?」、「髪の毛にボリュームがないのでは?」、「後頭部が若々しくない」、「髪の毛が異常に細いね?」等といったことを知り合いから言われた、もしくは自分でそう思い始めているのであれば、将来髪の毛がなくなってしまう危険があるとされています。

 

実は、髪の毛の量というのはケラチンと呼ばれるタンパク質と大きく関係していて、ケラチンは髪の毛の主成分ともなっている物質です。
よって、頭が薄くなるというのはケラチンの不足により、髪の毛が上手く育っていないとも考えられます。

 

ちなみに、このケラチンは人の爪や皮膚の成分でもあります。

 

髪の毛がなくなるという症状には、AGA、円形脱毛症等といったように色々な症状が存在し、そのようになる原因は個々人で大きく変わってくるとされています。

 

そのため、育毛と一言で言っても複数の方法が用いられており、よく聞かれるのがサプリメントを摂りつつ育毛剤も使用するという方法ですが、最も効果があるとされているのは、育毛成分が含まれているシャンプーの使用と言われているのです。

 

もちろん、AGA等といった髪の問題は、普段の食事、たばこ、アルコール、睡眠、ストレス、髪の洗い方等も大きく関係しています。

 

抜け毛に関しては程度にもよりますが、それほど気にしなくて良いものもありますので、ストレスを溜めないという意味でも過剰に気にすることは避けるべきです。

 

また、少しでも抜け毛を避けるためには、紫外線に当たらないようにすることも重要でありますので、日差しが強い日に外を歩く際には日傘も忘れないようにしましょう。
最近では、紫外線対策用としての日傘も販売されています。
このような日傘に加え、帽子をかぶると尚良く、これらは抜け毛を治していく際にはなくてはならないものなのです。

 

AGAの治療を行う際の問題点

ここ何年かでよく聞かれるAGAですが、AGAを発症したとしても、産毛は存在しています。
さらに言えば、毛包が存在する限りは、以前のような健康的で太い髪の毛を取り戻すことが可能ですので、諦めないでほしいのです。

 

髪の毛は本来抜けるものであって、いつまでも伸びるということはありません。
つまり、髪の毛は成長する時期から休みの時期を経て最後は抜けるという流れを常に繰り返し、誰でも日々50本から100本程度の抜け毛は起きているのです。

 

ただ、それが異常ともなれば病院に行く必要がありますが、その際に問題となってくるのは費用かと思われます。
AGA等の髪の治療に関することは保険の適用外となるため、治療とするなった場合にはどうしても費用が大きくかかってしまうのです。

 

そして、大きな費用をかけるからには病院の選択を誤るわけにはいきません。

 

病院を選択する際の重要なポイントとしては、「AGAの治療を得意としているか?」、「AGAに対する治療内容がはっきりと示されているか?」といったことが挙げられます。

 

これらのポイントをしっかりと頭に入れ、病院を選択していくようにしましょう。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら