MENU

M字ハゲに効果的な育毛剤とは

薄毛の症状は、頭頂部から抜け毛が始まるか、前頭部から抜け毛が始まるかのどちらかだと言われています。そして、薄毛の対策が難しいと言われるのが、前頭部からの抜け毛で、多くの方はM字ハゲになります。

 

M字ハゲは本当に対策が難しく、育毛剤も効かず、産毛も全く育たず、一向に髪の毛が増える気配も太くなる気配もないためん、育毛をあきらめてしまう方もたくさんいます。しかし、そんな方にぴったりな育毛剤があるので、そちらをぜひとも試してみて下さい。

 

M字ハゲの原因とは

M字ハゲに効果的な育毛剤を紹介する前に、まずはなぜM字ハゲの改善が難しいのか、という点について説明しましょう。M字ハゲになる前頭葉部分には5αリダクターゼという酵素があり、この酵素が脱毛を強力に促進させてしまうホルモン、DHTをたくさん発生させてしまうのです。

 

そのため、ここだけは育毛を促そうとしても、どんどん体が勝手に脱毛を促してしまい、M字ハゲがどんどん進んでしまうという傾向にあるようです。さらに、40代になると体中からホルモン量が減少しますが、それでも男性ホルモンの量が多く、ちっとも抜け毛が収まるようなことがなく、むしろこれまで脱毛を防いでいた女性ホルモンが減少するために、抜け毛が酷くなってしまうのです。

 

枕元やシャンプーの後に抜け毛が多くなるのは、これが原因だと言えるでしょう。そして、これ以上のM字ハゲを抑えるためにも、この男性ホルモンをかなり抑える必要があります。それにぴったりなのが、プロペシアという薬なのですが、これを摂取するだけではダメで、40代になってからは細胞が格段に衰え始めてしまい、これらのホルモンとは一切関係なく、髪の毛が育ちづらい、髪の毛が抜けやすいという現象を引き起こしてしまっているのです。

 

髪の毛の成長を促してくれるミノキシジルは、前頭葉の豊富なDHTにより活動を阻止されてしまい、通常の育毛剤ではなかなか効果を発揮させることができません。その上、DHTは皮脂の過剰分泌までも促してしまい、頭皮に浸透させなくてはならない成分が頭皮にいきわたるのを阻害してしまうのです。以上から、M字ハゲは効果的な作用がある薬などがあまり効果が無く、ホルモンを減少させようにもDHTが皮脂を出し過ぎるために、育毛剤などの効果がなかなか得られないと言うことが分かります。

 

M字ハゲ改善におすすめの育毛剤の紹介

そこで、おすすめの育毛剤がBUBKAです。これは脱毛を促すホルモンと酵素の活動を阻害し、上ナノ技術により、毛根までしっかりと必要な成分をいきわたらせてくれます。その上、昆布の成分の一つであるM−034というミノキシジルと同じレベルの育毛効果のある成分も配合しており、高い効果が得られます。

 

そして、最後に皮膚の炎症やかゆみを防ぐ効果もあるので、炎症やかゆみから産毛を守り、しっかりと産毛を髪の毛まで育てる土台を作ることが可能です。ですので、かなりM字ハゲの改善には効果的だと言えるでしょう。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら