MENU

薄毛に似合う髪型と、似合わない髪型があることを知りましょう

男性の場合、年齢とともにどうしても薄毛になってしまう人が多くなります。薄くなる度合いは人それぞれで、「生え際の全体的な後退」「額のM字の角度がきつくなってきた」「てっぺんが……」といった具合です。

 

はじめは薄くなっている部分をなんとかごまかせないかと四苦八苦しますがなかなかうまくいかないものです。そもそも「隠す」というネガティブな行動をしていますから、本人もちょっと気分的にもよくありませんし、周囲も不必要な気づかいをしなければなりません。

 

薄毛であっても、それに似合う髪型を決めれば意外に周囲に好評だったりするものです。ここではオススメのヘアスタイルをご紹介しましょう。

 

まず「隠す」ということをやめて前向きになること

薄毛になってしまうのはやはりイヤなものです。ある日鏡を見て自分の髪に薄い部分を見つけてしまうと、どうにかしてそれを「隠そう」としてしまいがちです。まわりの髪を伸ばして目立たないようにスタイリングする人も多いかと思いますが、正面からはバッチリでも、実は斜め後ろからは逆に目立っていたり、光の当たり具合や風のわずかなそよぎだけで、むしろ違和感だけを周囲に印象づける結果になってしまうこともあります。

 

いわゆる「バーコード」は論外ですが、一部分だけを隠すために無理に髪を伸ばしたりしても、その人の頭部・首から上を全体的に見渡したときに「なんとなくバランスが悪いな」とか「髪のココが変だな」ということが如実にわかってしまいます。

 

自分ではうまく「隠せている」と思っても、意外に人は気づいているものです。なぜ気づくかというと、それが「不自然」に見えるためで、やはりどこかしら無理をしていると、かえって人の目を集めてしまうものなのです。

 

薄毛を隠すことは、人によっては「そんなことを気にしているのか」とかなり印象が悪くなります。言ってみれば、度量の大きさを薄毛への対応によって測られ、人柄の判断材料にされているわけです。ですので薄毛は隠さず、薄毛をいかしたヘアスタイルを探そうというくらいの前向きな気持ちが大切になってきます。

 

薄毛は個性であり、髪型の一形態であるととらえる

薄毛やハゲは、今ではそれほどみっともないものではなくなってきています。現在活躍しているスポーツ選手やトップアスリートのなかにも短髪の人が相当数いますし、特にこれは海外で顕著ですが、ミュージシャンや俳優・タレントの人で「ヒゲのハゲ」というのはひとつのトレンドとして定着しています。

 

薄毛でない人でも、短髪やボウズをファッションとして楽しんでいます。このよう潮流に乗って、薄毛やハゲでもそれを逆手に取って個性であると認識していけば、また新しい発見があるでしょう。

 

短髪は清潔な印象で好感度アップ

もともと髪の量が多かった人は、薄毛になってしまっても短髪には見向きもせず、「もとの状態のときの髪型がベストである」と考えてなかなかヘアスタイルを変えようとしない傾向にあるようです。

 

確かに、一昔前は短髪というと子供のイガグリ坊主頭や、ファッションに興味のない学生や老人、あるいはその筋の人、というややネガティブな印象がありましたが、現在ではヘアスタイルのひとつであるとして一般に認知され、活動的なスポーティさも加味されて、アクティブな印象もあり、むしろ好感度はアップする傾向にあります。

 

短髪の「さわやかさ」「清潔感」「若々しさ」「明朗さ」といった印象は、その人のメリットに働きこそすれ、デメリットに働くことはまずありません。「そうはいってもオレは短髪にすると恐がられるんだが」という方は、ガッチリした体型だったりあるいは服装だったりと、髪以外の印象でそう見えることもあります。

 

そのような場合には、メガネなどの小物類でファッションセンスを磨く、あるいはヒゲの剃り方などを工夫するなどでも改善することができるでしょう。

 

育毛剤を使えば万事解決

 

とは言っても、髪型を整えたりヘアスタイリングに気を配っても、ちょっと風が吹いたり雨に濡れたりすれば台無しになってしまうこともあります。薄毛対策を徹底的にやりたいという場合は、やはり育毛剤の導入を検討した方がよいでしょう。

 

最近の育毛剤は科学的知見に基づいて製品化されていることが多く、確かな効果が期待できるものが多いので、気になった方は試してみてください。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら