MENU

男性ホルモンが脱毛の原因になるのは本当か

抜け毛や薄毛の原因には様々なものがあります。ストレス性の脱毛症や頭皮のダメージによる抜け毛などが代表的ですが、もう一つ男性特有の脱毛症状としてAGAと呼ばれるものがあります。男性型脱毛症とも称されるAGAは頭頂部や額の両脇が徐々に薄くなっていく、思春期以降の男性に見られる典型的な若はげの原因となっています。

 

男性ホルモンがAGAを進行させる

AGAの原因と考えられているのが遺伝による体質と、男性ホルモンとの関係です。男性ホルモンはその名の通り、主に男性の睾丸内で作られるホルモンの一種でその95%がテストステロンという物質で占められています。

 

テストステロン自体はどんな男性にも存在する無害な物質です。その効果としては男らしい筋肉質な肉体を育てたり、体毛を濃くしたり、あるいは闘争心を強くするなど一般に男性的な特徴とされるものの根幹を担っています。

 

しかしこのテストステロンは皮脂にある5aリダクターゼという物質によって活性化すると、より強力な5a-DHTという男性ホルモンを生み出してしまいます。

 

この5a-DHT、ジヒドロテストステロンとも呼ばれる物質こそが男性型脱毛症の原因です。ジヒドロテストステロンは頭髪の主成分であるタンパク質を作り出すことを阻害してしまうので、これをいかに抑制するかが抜け毛の進行を食い止める鍵となります。

 

男性ホルモンとの正しい付き合い方を覚えよう

先に述べたように男性ホルモンとその主成分であるテストステロン自体は男性が健康な肉体を育てるうえで必要不可欠なものです。これらは筋肉トレーニングやスポーツ、食生活などによっても増減しますが男性ホルモンの分泌を恐れるあまり運動や食事を抑制するのは本末転倒と言えるでしょう。

 

重要なのはテストステロンを悪玉のジヒドロテストステロンに変化させないことです。そのためには皮脂の方を丁寧にケアすることが大切になります。頭皮の環境を整え、頭髪に十分な栄養を与えるには育毛剤を効果的に使うのが確実でしょう。

 

育毛剤の効果は使い方次第

何も考えず育毛剤を頭に塗っているだけではその効果を正しく発揮することはできません。抜け毛を防ぐためには洗髪、シャンプー、そして育毛剤の塗り方をしっかりと勉強しておきましょう。

 

まずはしっかりと髪を洗う

当然ながら、汚れや皮脂が溜まった状態の頭皮に育毛剤を塗っても効果は期待できません。まずは髪と頭皮を清潔に保つことを意識しましょう。できるならシャンプーで洗う前に一度、ぬるま湯で頭皮をすすいでおくのがおすすめです。

 

シャンプーも、なるべく頭皮に優しい成分のものを選んだ方がいいでしょう。また髪の毛よりも頭皮の脂を落とすことを意識しながら、指の腹を使って丁寧に汚れを揉み落とすのが大切です。

 

頭髪を乾かしてから育毛剤を塗る

髪や頭皮が濡れたままだと育毛剤の成分が一緒に流れ落ちてしまい効果が弱まってしまいます。頭髪は乾かしてから育毛剤を使用しましょう。

 

ただし、ドライヤーで乾かす際にはあまり強い熱風で頭皮を傷めないよう注意が必要です。かといって長時間濡れたままにしておくのも悪影響ですので、低温のドライヤーでさっと乾かすのがコツとなります。

 

薄毛の気になる部分だけでなく、育毛剤は頭皮全体に塗る

育毛剤には頭皮全体の環境を整え、血行を促進させ発毛しやすい頭皮を育てるという効果もあります。一部分のみに育毛剤を塗ってしまうと頭皮全体への効果が不十分となり、結果的に気になる箇所への育毛効果も落ちてしまいます。育毛剤を使用する際には必ず、髪だけでなく頭皮そのものをケアしているのだという意識を持ちましょう。

 

以上のポイントに気を付けるだけでも育毛剤の効果は着実に向上します。そして何よりも、育毛剤は継続して使うことを忘れないようにしましょう。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら