MENU

育毛剤でかゆみやフケが出る?

かって育毛剤といえば男性の為に作られた薬の感がありましたが、いまでは女性用の育毛剤も多くみられます。男性用育毛剤を販売してきた会社からも、まつげが長くなる育毛剤や、薄毛対策用の女性用育毛剤など、女性の毛に対する悩みに合わせて、女性用育毛剤を市場に投入しています。

 

育毛剤は薬局やドラッグストアーなどで、簡単に購入できる薬です。でも、髪の毛に悩みがない人は使う必要のない薬ですよね。とはいっても、何かと問題の多い社会でもまれる若者には、早いうちから毛のトラブルに悩んでいる人もいるみたいです。抜け毛、薄毛は気になりますよね。

 

気になりだすと対策を考えますが、やはり育毛剤が手っ取り早いようです。育毛剤は頭皮に刺激を与えたり、血行を促進させて毛を育てます。ビタミンEやトウガラシチンキ、カルプロニウムなどがそのような効能を持つ主な成分です。

 

育毛剤でかゆみやフケが出る原因??

ただ、自分に合っていない育毛剤を使うと副作用もあります。よく起こる副作用はかゆみやフケが出ることですが、育毛剤を使った翌日に起こります。それで毛が育つときのかゆみと間違え効き始めていると思う人も多いようですが、必ずしもそうではありません。

 

それでは、かゆみやフケの原因はどこにあるのかというと、一つには中に入っているアルコールが考えられます。アルコールの入っている養毛剤を使うと、頭皮が炎症を起こす可能性があり、かゆみやフケの原因になるのです。そして育毛剤の使いすぎも、原因のひとつとして考えられます。

 

養毛剤を多く使えば、それだけ効果が見込めると思う人も少なくないようです。それでついつい使いすぎるケースがあるようですが、こんなとき、頭皮に悪い作用を及ぼすおそれがあるのです。ラベルに記載された使用方をよく読んで、一回の使用量を守ればかゆみやフケなどの副作用を与えることはないのです。そして養毛剤が直接の原因ではありませんが、整髪料やシャンプーが頭皮に悪影響を及ぼしている場合があります。

 

整髪料やシャンプーを新しくした場合は、一度使うのを止めて様子を見てください。それでかゆみやフケが出なければ養毛剤は使い続けて問題ありません。それでもかゆみやフケがなくならなければ、養毛剤との相性が悪いか、養毛剤そのものに原因があるのかもしれません。そんなときは残念ですが、養毛剤を使い続けることはできません。

 

増毛剤を使って頭皮に炎症を起こしては、何の意味もありません。そのうち炎症がひどくなると、頭皮が痛みいよいよ大切な髪の毛にも悪影響を及ぼすことになります。副作用のない、自分の肌に合った商品を探すのは、簡単にはいかないかもしれませんが、相性のいい育毛剤に出会いたいものですね。

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら