MENU

薄毛のもとになる乱れた生活と乱れた食事

薄毛に悩む方の多くに生活習慣の乱れが関係していることがあります。これは髪の成長に大きくストレスとしてのしかかる問題となってきます。

 

生活習慣の乱れとは、普段から夜更かしをしているというようないわゆる昼夜が逆転している生活などもそれにあたります。これは交感神経と副交感神経のバランスの乱れにもつながり、大切な髪の成長に大きく関わってきます。

 

ストレスとは、仕事での肉体的なストレスもそうですし、人間関係などからくる精神的ストレスもあげられます。肉体的ストレスは睡眠や休養によって取り除けるストレスですが、精神的ストレスを大きく受けている場合ですと、そのストレスを取り除くのは簡単ではありません。

 

また、ストレスを知らぬ間に溜め込んでいる場合があります。何だか最近抜け毛が多いと感じたり、転職してから髪の毛が薄くなってきたなどの髪の毛の変化は、時に体からのSOS場合があります。これがひどくなった場合、円形脱毛症として現れることがありますが。

 

現代の医学をもっても円形脱毛症の原因は解明されていない部分が多いものですが、円形脱毛症の原因は自己免疫疾患の一つだと考えらます。本来ならば敵とみなされるものに対し働く免疫力ですが、自分自身の髪の毛を攻撃してしまうという異常免疫反応が起こってしまうのです。

 

このような異常免疫反応が起きるそもそもの原因が精神的ストレス、生活習慣の乱れ、喫煙などだと考えられているのです。

 

薄毛に関わる乱れた食生活

乱れた食生活は髪の成長に大きく関わります。これは食事からの栄養が髪に行き渡らないということがあげられますが、それだけでなく皮脂の分泌が増え、髪の成長が妨げられるということが大きな原因になります。

 

乱れた食生活とはバランスを考慮した食事ではないため、そのほとんどが肉類中心の食事に偏る傾向にあります。肉類が多い食事は、脂肪が多く体内にも脂肪が蓄積するのです。体は溜まった脂肪を体外に排出しようとしますが、その方法が汗として排出するというものが主となるため皮脂の分泌が増えるということになります。

 

頭皮というのが体の中でいちばん汗腺の多い場所であるため、汗が出やすい箇所になります。頭皮で皮脂の分泌が盛んに増えてくると皮脂で毛穴が詰まりやすい状況が生じてきます。この状況は髪の毛が抜けやすい環境を作り出すことにつながってしまうのです。

 

薄毛に関わるアルコール摂取・喫煙

過度のアルコール摂取や喫煙は抜け毛や薄毛の原因とされています。

 

これは、タバコが含む有害物質ニコチンなどが頭皮の血行を悪くさせることによるものです。頭皮の血行が悪くなると、毛根にも髪の毛にも栄養が届きません。

 

アルコール摂取は、適度であれば血液の循環が活動的になるものなのですが、過剰に摂取してしまうとアルコールを分解するため肝臓には負担がかかります。肝臓機能が低下しては、発毛のため必要な新たな細胞が作られません。

 

一般的に体に良くないといわれるものは髪の毛にも良くないものであり抜け毛や薄毛の原因になると考えて間違いありません。

 

ランキング

人気育毛剤ランキングはこちら